ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

クラシックギター製作、思案中&政治向きの話

クラシックギター製作、思案中&政治向きの話

ゴミだらけの部屋。マイギターを作ろう。とりあえず、ギターヘッドの改革。もうひとつ、ブリッジも。

ヘッド、とにかく模型を製作。ほとんどのギターはヘッドは、さき広がり。それを逆に、先細りにしよう。

理由は、ずっと以前から思っていたのですが、ギター弦の3,4、弦は、鳴りがいまいち、、などと言われたり

自分で感じる時がある。考えられることは、一番遠いところで、弦を巻くこと。そして、弦を斜めに引っ張ていること。

そのため、ナットの溝の削り方が十分でないと、悪影響を及ぼす可能性あり。そして、ナットを押さえる力も

弱くなる。実験的に上のヘッドの写真中央付近に穴をあけ、斜め下に弦を通してみよう。ナットの各減の巾は

8mmほどだから、穴も8mm位の巾に。とりあえず、これで弦は真っ直ぐに引かれて、ナットにかかる、おさえるちからも少し増すはず。問題はどれだけスムースに弦を巻くことができるかどうか。

ヘッドの右の写真について。これが次回のギターのブリッジ。重量、面積、体積、従来のものより、ちょうど半分。

目的、1.軽くなる。従来は、20~25グラム。2. 普通のギターのブリッジは、長さ190mm、幅 29mm

ブリッジの両サイド(ウイング)はもしかしたら、ギターの響きを邪魔しているのでは?

ギター下部のサイズをもう少し小さくして、引き締まった音が期待できないだろうか。大きな体の人は

一般のギターを持った時に何も感じないだろうけど、私は165センチ、腕も、指もまあまあ普通。

いつも普通のギターを持つと大きいなと感じる。弾きやすく、綺麗な音を目指して、近々製作開始。

 

久しぶりに政治向きの話、都知事選、都民ファースト、、聞いたことがある言葉だね、、、

自民党、エンディングの始まり?小池さん、肝心の「都政の構想」は?国会議員時代から、転々とし

どれだけの政治思想を持っていたのか何も思い出さない。いったい政治家として何をしてきたお人?

政治家なら、「野心」「虚栄心」をどんなにたくさん持っても結構。

大切なことは、「政治哲学」を持ち合わせた、野心、虚栄心であってほしい。

こんなにも多くの「都民ファースト」を選んだ都民にも、文句あり。単純すぎると思う。

なにしろ、日本の人口の10%を占める東京都、こんな国家も世界に類を見ない異常集中だと思う。

霞が関官僚諸君、これが正しい国の在り方か?ご当地「今治市」加計学園で随分知名度をあげました。

2年ぐらい前?突然「今治市」が特区に指定されたとき、「何故か」と思った記憶があります。

四国地方、今治市は勿論、衰退、過疎地域だと思います。それを救うためでしょうか?

この際、「自由傲慢党」と名前を変えるべし。霞が関官僚諸君、出世競争に負けないように

萩生田副官房長官様、いつも立て板に水を流す如くTVで拝見させていただいています。

何年か前からギャンブル法案にも、勢力を注いでいるようですが、「加計学園」のようなチョンボ

にはくれぐれもご注意を。

日本人はあまり政治について議論をしない国民ですね。もっと若い人達が政治について関心を持って

話し合うことを努力すべきではないでしょうか。ローマ史 中国史、実に面白いです。

日本史は近所喧嘩に見えます。日本は、天皇国家?いまだそんな気にさせるけらいがありはしませんか?

 

 

« »