ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

シジフォスの神話

シジフォスの神話

ノーベル賞作家、カミュ。「異邦人」「ペスト」などと、何度も何度も読んだ本。先般、音楽の変遷について

書いたが、その時期は、音楽にのめり込んでいくことと、人生について悩み続けた時代でもあった。

20才頃買ったが、紛失しこれは2冊目のはず。シミだらけ。しかし、人生が、いかに不条理なものであること、

しかし、生き続けなければ、、、自分に生きることの方向性というか、腹を決めてくれた本。

生きたいようにいきること。些細なことは、白でも黒でもいい。しかし、信じていることは、

たった一人でも守り通すこと。その他沢山のものを教えてくれたし、77才の今も変わらない。

短すぎる言葉だけど、「個人と、社会連携の兼ね合い」そして「知識」「体験」こそ人生。

「シジフォスを偲んで」なんて曲を書いたのは、自分の独善的な要素が多いけど、、、

地球は太陽の周りをひたすら回っているだけ。その逆はありえない。その太陽もいずれ消滅。

人は、ただ走り回っているだけ?そんな事はない。失敗も、成功も、繰り返し起こり得る些細な出来事。

ただ、歩み続けて欲しいと、特に若者に伝えたい。

« »