ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

普通のギターはつくらないー2

普通のギターはつくらないー2

 エアギター、サイドはインドローズウッド単板、ネック材はセドロ

 「コの字」型、もう少しぜい肉を落としたかったが、強度を考え

今回は肉太となったが、次回はすこし軽くしよう。しかし、実に作業が簡単。ギター上部の形を、なで肩、いかり肩簡単。

 外人の「鼻」形にはしない。弾きやすさ、ある意味では飾りつけ。

 表板、スプルース使用。ロゼッタは銘木店から購入し、サークルカッター

で加工。唯一無二のもの。

 ブレーシングは、基本は5本、その間に補強的に短いものを。

ブレーシング材の色が違うけど、少し茶色っぽいのは米杉。他は表板と同一のスプルース使用。

 裏板、センターは、「桜」扱いにくい材料。硬いけどあまり

コンコンという感じでもない。試しにシェラックを塗ると綺麗なので採用。2.5mm位とやや厚め。ギター重量は重くなりそう。

前回の、「マイギター」は鳴りすぎるので、(ステージ演奏にはいいかも、でも私は決してそんなことしない)鳴らなくてもいい、落ち着いた「しっとりとした」

ギターが目標。うまくいけば、次回は、裏板は「桜」のみで、(サイドは、この木では無理なので、)作ってみたい。

明日から、組み立て作業開始。

« »