ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

普通のギターは作らないー3

普通のギターは作らないー3

 組み立て作業は完了。薄く、シェラック塗装を塗り弦を張り

音を出してみた。「鳴らないギター」が一つの目標。まだ何とも言えない。もう一度表板のタップトーン、厚みを確認、加工修正など、もう一日、、、

 裏板、センターは桜。所々に薄いシミはやむを得ず。デザイン的には

中途半端な板の構成だけど(茶色はローズウッド単板)できるだけ桜の部分を多く使用したかっただけ。裏板全体の「ラウンド」も響かせないためと強度もわからないので

少しだけ。板厚もやや厚めにし、出来上がり総重量は1.5キロぐらい。タップトーンは申し分なく、裏だけならギター材として十分可能。

 少しシェラックを塗ると、ロゼッタが生きてくる。

 

ブリッジはこんな感じ。実に面倒、、、もっと作り方を考えないと。

 ジョイント部、これは大成功。裏板の接着その他いいことずくめ。

 7Fにロゼッタと同じ材料で飾り付け。嫌な人もいそう、、、

 3弦、4弦、ほぼストレートに弦が巻かれている。

いいのか、悪いのかわかりませんが、見る人の感じ方しだい。

 裏側もハワイアンカオ、の飾り。

 17度のヘッド角は糸巻きが重い。ナットに摩擦がかかるからだろうけど

音に関係は?

一応、初期の目標は全てクリヤー。あとは、鳴らなくてもいい、「狙いは」飽きない音、落ち着いた雰囲気、そんな事が達成できるかどうか。ちなみに指板も重さの必要性も

感じ、厚みも、いつもは6.5mmだけど、7mmのハカランダ。仕上がりまであと10日前後挑戦。

« »