ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

普通のギターは作らないー4

普通のギターは作らないー4

11/25日完成後いい感じで弾いたけど、もう改良。

一応、落ち着いた音だったけど(私の主観)欠点もありました。

欠点

1 表板は薄め、扇状力木は基本5本、しかも、巾は7mm、高さ3mm。

特に低音側の振動が激しく6弦が「びびる」、高音側も強いアポヤンド

では、「びびる」

この改良として、裏側に補強材、尚且つ、ブリッジの下に長い補強材。

これは、たしかブーシェのまね。ずっと以前製作したことがあるけど、

いい結果が出なかったので、(10年位前)再挑戦。

ブリッジの下のバーは穴を開けて力木を通しています。

2 ヘッド角を17度にしたことは、理論的には、張りが強くなったわけではないけど、

感覚的に張りが強くなったような錯覚を感じる。欠点はチューニングがしにくいこと。

10日以上弾いているけど、少しはすべりもよくなったし、慣れてきたけど、

14度位がいいのかな、、、

次の写真。「桜」の木がギターに使えることがわかり、張り替えを決行。タッピングではインドローズウッド

よりいいかもしれません。暖かい音質。裏側は1度だけシェラク塗装しただけ。

一番下の写真は、素肌のまま。センター飾りは黒をはめる予定。

要するに、表板が課題。裏板のラウンドは少しだけふやしました。

鳴らなくてもいい、「美しく、落ち着いた雰囲気」

 

 

« »