ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

ギターの練習について

ギターの練習について

この寒さ、さすがにギターを作る気にならない。それと同時に、ないかインスピレーションがわかない。

で、このところひたすらにギター練習をしています。年を取れば、指先を使う作業は脳にもいいし

長生きもするといわれていますが、そのためではありません。

かって演奏していた曲が、(指ぐせで左右のゆびが連動してギターを弾けていたという意味)

全くできません。-上手、下手は別ですー  この20日ほど1日3~4時間は弾いています。

1 この倍の時間は弾かなければダメ。その「根気」がない。

2 練習内容、音階練習(ロー、ハイポジション)アルペジオ、右手のクロマチック、親指の弾弦

これは1時間はします。かって、1フレットから、7F,10Fへ譜面をみながら

一気に左手が捕まえていたのが(勿論ミスはありましたが)ギターのネックを見ながらでも

ミスる。

3 ギターは、リズム、メロディ、ハーモニーを統一させなければならない楽器。

ここ、ロクオンライフに来るギター演奏者、誰も録音しようとしません。

「リズムに合わせて弾けない」これが原因。自分はメロディー楽器(トランペット)の演奏者

だったけど、メトロノームに合わせてトレーニングをしました。ドラムも数か月叩きましたが、

勿論メトロノーム。たとえ趣味であっても、楽器を練習する人は、「メトロノーム」!

黒人が全てリズム感があるわけではなく、リズム音痴もいます。

唄は音痴でも、楽器を正確な音程で、曲を歌いあげる人もいます。

(音痴の人がカラオケでちゃんと歌えるのかどうかは知りません、、、)

4 時間があり、音楽に興味深い人は、それなりに、人前で演奏できるまではなるはず。

5 しかし、ギターは難しいと痛感します。その原因は、リズムを外さないように、音は

ミストーンを出さないように(ビビりの音が出ないなどフレットを押さえよう)いいハーモニーを

しっかり鳴らそう、まして日本人はそんなに指が(腕も)長いわけではない、これら

全てを忘れるほど弾いて弾いて弾きつくさねば、、、、

私など、ギター演奏は、孫が一人目の前でいるだけで、緊張します。幸い、この部屋は

ある程度防音してるし、一人で楽しむだけ。ゆっくりでいい、美しく、、、、

(20年位前に弾ていた私の18番)高音質  エッジ、グーグル

IEの場合は

知り合いのプロギタリストも、ついに諦めた曲、その他ややこしい曲が2曲ほどありますが、まだ指の感覚は半分ぐらい記憶してるけど

練習してしている最中。もう途中であきらめるかも、、、

« »