ロクオンライフ

ギター修理,製作.音楽録音

終焉NO4 モダンジャズへのこだわり  マイルス&コルトレーン

終焉NO4 モダンジャズへのこだわり  マイルス&コルトレーン

上ふたつは、マイルスデイビスによる、[So What] [Blue in Green]のアドリブ

これは、ジョン・コルトレーンによる、おなじ、 [So What]  [Blue in Green]のアドリブ

私が20才頃(1960年)最もモダンジャズを聴き、勉強したレコードです。マイルス&コルトレーンは、このレコードを録音したときは、同じグループのメンバーであった。二人はやがて、それぞれのグループに分かれて活躍するけれど、そのサウンドは全く違うものになっていった。マイルスは、有能な新人を発掘しては、絶えず進化を求め続け、麻薬をやりながらも、才頃(1960年)最もモダンジャズを聴き、勉強したレコードです。マイルス&コルトレーンは、このレコードを録音したときは、同じグループのメンバーであった。二人はやがて、それぞれのグループに分かれて活躍するけれど、そのサウンドは全く違うものになっていった。マイルスは、有能な新人を発掘しては、絶えず進化を求め続け、麻薬をやりながらも、60才半ばまで生存、JAZZの帝王とよばれた。コルトレーンは、麻薬づけで、40才過ぎで亡くなった。ただ、狂ったように録音をし多くの名作を残した。その他好きなジャズマンはたくさんいますが、この二人は格別な存在感をもつミュージシャンでした。カルテット(4人)クインテット(5人)各自が、でたらめであろうが、アドリブという緊張感を味わうと、たまらない陶酔におちいり、「今こそ生きている」と感じたものです。その時代は、歌謡曲などバカにしていました。しかし、ミュージシャンを辞めて何年か後から日本の曲も、演歌であれホークソングであれ、「うまい歌手」が歌い、ヒットした音楽も聴くようになりました。日本人で 「うまい歌手」 、美空ひばり、ちあきなおみ、内藤やす子、特に後者二人は、日本人離れのリズム感がJAZZらしく好きだねぇ。男性歌手、、、やはり布施明(有名外人女優に惚れられたぐらいだからねえ)井上陽水、、、バブルガムブラザーのメインボーカル、名前おもいだせない、、あんな「ノリ」のできる歌手もいないなあ。

私の、ウインドシンセでノリのいい曲は、これ

中島みゆき「あした」2コーラスからのアドリブによるうたいかた

歌詞がなく、メロディーを楽器で演奏するのもいいとおもいませんか、、なんでもいい、楽器にふれてください。一日が何事もなく満足感を味わえるのではないでしょうか、、

«